賢者の虹の懸け橋

楽しく学んで人生を美しく、賢く生きるための賢者のメッセージブログです。

スポンサーリンク

「十人が十人とも同じ考えをするのは最上の作ではない。」マーク・トウェイン

☆彡今日の一言

十人が十人とも同じ考えをするのは最上の作ではない。

 

めいめいが同じ意見を出していたら、競馬は成り立たない。

 

マーク・トウェイン

 

 

心(ハート)革命―毎日の生き方 EQを高めることば366

心(ハート)革命―毎日の生き方 EQを高めることば366

 

 

以上は 輪辻潔・森野リンゴ 共編 心(ハート)革命より 一部抜粋

 

マーク・トウェイン(Mark Twain, 1835年11月30日 - 1910年4月21日)、本名サミュエル・ラングホーン・クレメンズ(Samuel Langhorne Clemens)は、アメリカ合衆国の作家、小説家。ミズーリ州出身。『トム・ソーヤーの冒険』の著者として知られ、数多くの小説やエッセーを発表、世界中で講演活動を行うなど、当時最も人気のある著名人であった。

ウィリアム・フォークナーは、トウェインが「最初の真のアメリカ人作家であり、我々の全ては彼の相続人である」と記した。アーネスト・ヘミングウェイは『アフリカの緑の丘』において、「あらゆる現代アメリカ文学は、マーク・トウェインの『ハックルベリー・フィン』と呼ばれる一冊に由来する」と述べた。

職業作家
国籍 アメリカ合衆国
ジャンル フィクション、歴史小説、児童文学、ノンフィクション、紀行文学、風刺、エッセイ、文芸評論
代表作『ハックルベリー・フィンの冒険』、『トム・ソーヤーの冒険
配偶者 オリヴィア・ランドン・クレメンス
1870年 - 1904年
子供 4人
親族 ジーン・ウェブスター(孫の一人)

作品一覧
全作品の訳書は、『マーク・トウェイン コレクション』(全26冊、彩流社)。
小説]
『金ぴか時代』(チャールズ・ウォーナーとの共著), 1873年
トム・ソーヤーの冒険』"The Adventures of Tom Sawyer", 1876年
『王子と乞食』"The Prince and the Pauper", 1881年
ハックルベリー・フィンの冒険』"Adventures of Huckleberry Finn", 1885年
アーサー王宮廷のコネチカット・ヤンキー』"A Connecticut Yankee in King Arthur's Court", 1889年
『生死如何』"Is He Living or Is He Dead", 1893年
短編。山県五十雄訳で出版年と同年に「少年文庫」に掲載。
これを有島武郎が翻案し戯曲『ドモ又の死』を1922年に発表。
『ノータリン・ウィルソンの悲劇』"The tragedy of Pudd'nhead Wilson", 1894年
中篇で、野崎孝訳が中央公論社「世界の文学53 イギリス名作集 アメリカ名作集」に所収。
ジャンヌ・ダルクについての個人的回想』"Personal Recollections of Joan of Arc", 1895年
ジャンヌ・ダルクの幼馴染にして、小姓兼秘書として仲間とともにフランス軍に従軍した男ルイス・コントが、シャルル7世によるやり直し裁判において、生き証人として彼女の思い出を語る形式で、「パラディン」と皮肉をこめて呼ばれていた臆病者が、ジャンヌに感化され勇敢に戦死するエピソードなど、ユーモアを交えながら悲劇的な結末を描く。
1895年月刊誌≪ハーパーズ≫4月号に匿名で連載開始、翌1896年4月号まで掲載後匿名で出版された。作中のジャンヌのモデルは、1896年に24歳の若さで死去した長女であるとされる。訳書は「マーク・トウェインジャンヌ・ダルク」(大久保博訳、角川書店)。
『トム・ソーヤーの探偵』"Tom Sawyer, Detective", 1896年
『ハドリバーグを堕落させた男』"The Man That Corrupted Hadleyburg", 1900年
『アダムとイヴの日記』"Extracts from Adam's Diary", 1904年
不思議な少年』"The Mysterious Stranger", 1916年
エッセイ・旅行記[編集]
『ハワイ通信』 "Letters from Hawaii", 1866年 [4]
『地中海遊覧記』"The Innocents Abroad", 1869年
『西部放浪記』"Roughing It", 1872年
ミシシッピの生活』"Life on the Mississippi", 1874年
『ヨーロッパ放浪記』"A Tramp Abroad", 1878年
『アメリカの爵位権主張者』"The American Claimant", 1892年
『赤道に沿って』"Following the Equator", 1897年
『人間とは何か?』"What is Man?", 1906年
シェイクスピアは死んでいるか?』, 1906年
パイロット時代の船長がウィリアム・シェイクスピアフランシス・ベーコン説であったことに影響され、シェイクスピアストラトフォード説になった。
『リンチ合衆国』"The United States of Lyncherdom", 1923年
戯曲[編集]
『やつは死んじまった?』"Is He Dead", 1898年 辻本庸子訳にて「三田文学 No.103 2010年 秋季号」に収録。
上記の小説『生死如何』の戯曲化。

 

 

☆彡マーク・トウェインの名言集
人生に絶対確実なんてありえない。
ただ、チャンスがあるだけだ。


生涯を合衆国の大統領として
過ごすよりも、
一年間でいいから
シャーウッドの森で山賊をやりたい。


全てが間違っている
ということはありえない。
どんな壊れた時計でも
一日に2回は正しい時刻を示す。


アダムはリンゴが欲しかったから
食べたのではない。
禁じられていたから食べたのだ。


幻想をなくしてはいけない。
もしなくしてしまったら、
あなたは存在してはいても、
生きるのをやめたも同然だ。


私がこれまで思い悩んだことのうち、
98パーセントは取り越し苦労だった。


人の大望を鼻であしらう人間とは
つき合わぬことだ。
それが小人の常だから。
しかし真の大人物に会うと、
すばらしいことに、
こちらも大人物になれそうな
気持にしてくれる。


相手に気に入られる最上の方法は、
あなたが聞いたとおりに、
相手が語ったことを再び語ることだ。


四十八歳より前に
悲観主義者になる者は
物事を知りすぎであり、
四十八歳を越えてもなお
楽観主義者である者は、
物事を知らなさすぎる。


今から20年後、
あなたはやったことよりも、
やらなかったことに失望する。

スポンサーリンク  

 

「野心家には、自分の出世に役立つ人々の数だけの主人がいる。」ジャン・ド・ラ・ブリュイエール

☆彡今日の一言

奴隷には一人の主人しかいない。

 

野心家には、自分の出世に役立つ人々の数だけの主人がいる。

 

心(ハート)革命―毎日の生き方 EQを高めることば366

心(ハート)革命―毎日の生き方 EQを高めることば366

 

 

以上は 輪辻潔・森野リンゴ 共編 心(ハート)革命 より一部抜粋

 

★ジャン・ド・ラ・ブリュイエール(仏: Jean de La Bruyère, 1645年8月16日/17日 - 1696年5月10日/11日)は、フランスのモラリストであり作家である。

17世紀のフランスの宮廷人たちを描き、人生を深く洞察した著書『カラクテール』(フランス語: Les Caractères ou les Mœurs de ce siècle)(和訳: 『人さまざま』)(1688年)によって知られる。

ラ・ブリュイエールは法律を学び,パリ高等法院付弁護人,大コンデ公の孫の教師などを務めた。テオフラストスの《性格論》の翻訳の付録の形で出版された《人さまざま》(1688年。正しくは《当世性格論または当世風俗誌》)が代表作。文芸,風俗,社会,宗教の批評と省察からなり,17世紀末の世態を活写して秀逸。

 

ラ・ブリュイエールはフランスのモラリスト(人間探究家)。パリに生まれる。弁護士の資格を得たが、おそらく一度も法廷に立たなかった。叔父の遺産でカーン市の税務局収税官の職を買ったが、その職務につくこともなく、パリで気ままな独身生活を送るうち、司教ボシュエの紹介で、当時ブルボン王家傍系中最大の権勢を誇るコンデ大公Le Grand Cond(1621―1686)の孫の家庭教師に任ぜられた。内気で引っ込み思案なこの市井の読書人は、一転して大貴族の生活場裏に身を置くこととなり、観察と思索の好個の環境にあって書きつづったのが彼の主著『人さまざま』(1688)であり、以後1696年の第9版まで増補が重ねられた。

「女性について」「宮廷について」などの16章に分かれているが、その構成はかなり自由で、短く辛辣(しんらつ)な警句もあれば、色彩豊かな肖像(典型的人物の描写)もあって、変化に富む。また「新旧論争」の渦中にあり、自らは旧派(古代人派)にくみしながらも、『人さまざま』のうちに散見する政治的風刺はきたるべき18世紀の文学を予告する。

 

文学活動 古典主義, モラリスト
代表作 カラクテール(フランス語版)
主な受賞歴 アカデミー・フランセーズ

 

◆人物
モラリスト作家として知られるラ・ブリュイエールは、古代ギリシャの哲学者テオプラストスの『人さまざま』の翻訳とその付録の文章でベストセラーを博した。宮廷人の権力欲、社交界の生態、キリスト教徒の狂態、農民生活への皮肉など、大胆な批判とエスプリを感じさせる、その良識(ボン・サンス)の精神はフランスの伝統を示し、18世紀啓蒙主義の先駆的存在といわれる。

誰かのことに満足するというのは何と難しいのか。――『性格論集』

 

ラ・ブリュイエールの名言
時間の使い方が
もっとも下手な者が、
まずその短さについて
苦情をいう。


ただ、動機だけが
人々の行為の真価を決める。


われわれの悩みはすべて、
ひとりでいられないことから
もたらされる。


我々は、犯してしまった間違いを
すべてやり直すほど長生きではない。
一生の間、
間違いを犯し続けるのであって、
我々に出来る最高の行いは、
改心することである。


互いに小さな欠点を
許し合わなければ、
友情というものは成立しない。


人間世界では、
才知が溢れている事よりも、
みんなとうまくやっていく能力
の方がはるかに役に立つ。


人間には3つの事しか起きない。
それは「生まれる」「生きる」
「死ぬ」である。
生まれたことは覚えていない。
死ぬことは怖い。
そして、生きることは忘れている。


人間は面白いことに、
他人の話をするときは
他人の欠点だけしか喋らないくせに、
自分の話をするときに、
自分の欠点を話すことはまずない。


人生というのは短く、
そして悲しいものだ。
なぜなら、最初から最後まで
欲望を追いかけるだけで終わってしまう。


笑わずに死んでしまうといけないから
幸福になる前に笑っておくがよい。


沈黙は、
愚か者の知恵である。


財産を築く最短で最良の方法は、
あなたに利益をもたらすことが
自分たちの得になるということを、
人々にはっきりとわからせることである。


子供には過去も未来もない。
だから現在を楽しむ。

スポンサーリンク  

 

「考えて、試して、努めて、後は神に託す、これが私の一生だ。」ジョン・ワナメーカー(John Wanamaker)

☆彡今日の一言

考えて、試して、努めて、後は神に託す

 

これが私の一生だ。

 

働いて死ぬのではない。

 

クヨクヨすることが身を殺すのだ。

 

ワナメーカー

 

心(ハート)革命―毎日の生き方 EQを高めることば366

心(ハート)革命―毎日の生き方 EQを高めることば366

 

 

以上は 輪辻潔・森野リンゴ共編 心(ハート)革命 より 一部抜粋

 

 

☆彡ワンモア今日の一言

◆やればできる

誰かが男に向かって「そんなことできるはずがない」と言った。

 

だがその男は含み笑いをしながら「やってみなければわからない」と言った。

 

そして、顔に含み笑いを浮かべながら、課題に取り掛かった。

 

内心は少し不安だったが、そんな素振りは見せずに、歌を口ずさみながら「できるはずがないこと」に取り掛かった。

 

そして、それを成し遂げた。

 

世の中には「そんなことはできるはずがない」と断言する人はたくさんいる。

 

更に途中で棄権が待ち受けていると予言する人もたくさんいる。

 

 だが、とにかく、課題に取り掛かろう。

 

歌を口ずさみながら、「できるはずがないこと」に取り掛かろう。

 

そうすれば、それはできる。

 

 

自分を磨く方法

自分を磨く方法

 

 以上は アレクサンダー・ロックハート著 弓場隆訳 自分を磨く方法より一部抜粋

 

 

★ジョン・ワナメーカー(John Wanamaker、1838年7月11日 - 1922年12月12日)はペンシルバニア州フィラデルフィア出身の百貨店経営者、宗教指導者、政治家。「マーケティングにおける先駆者」ともいわれる。アメリカで郵政長官も務めた。

 

◆生涯
ワナメーカーはのちに南フィラデルフィア地区として知られるようになる地方の合併されていない地域で1838年7月11日に生まれた。1861年、ワナメーカーは兄弟のN・ブラウンと協力して、フィラデルフィアジョージ・ワシントン邸宅横に彼の最初の紳士物衣料店ブラウン・ワナメーカー商会を開いた。

 

店の名前は「オークホール」と呼ばれた。彼は「1つの価格と返品可能な商品」という新しい商売方法で店を発展させ、1869年に2号店をオープンさせた。その後、1875年にワナメーカーは使われていない鉄道車庫を購入し、「グランドデポット」と呼ばれるデパートを建設した。

 

この「グランドデポット」は1つの敷地内に各種専門店を集めたフィラデルフィアにおける最初の百貨店といわれている。1860年にワナメーカーはメアリー・エリンジャー・ブラウン(Mary Erringer Brown)と結婚して6人の子を得たが、うち2人は幼少期に死亡している。また熱心なキリスト教徒であり、フィラデルフィアYMCAの発展に大きく寄与した。

 

◆商人として
ワナメーカーは1896年にニューヨークに百貨店を出店させた。またヨーロッパのワナメーカー家と協力してロンドンとパリにも出店し、海外でビジネスを拡大させた。

フィラデルフィアには、シカゴの有名な建築家であるダニエル・H・バーナムによって設計された「ワナメーカービル」を1910年に完成させた。これはフィラデルフィアの市役所の真向かいに建ち、13番通りとマーケットストリートの交差点の全ブロックを包囲する広さであった。

 

このビルは現在アメリカの歴史的建造物に指定されている。ワナメーカーは控えめな性格であったが、広告の利用と、マーチャンダイジングにおいて革新的なアイデアを実行している。彼は、固定価格システムを発明し、正札販売を実施。現在標準的な商習慣になっている返金可能保障を初めて導入した。

 

また、従業員に対して教育費、保養施設、企業年金と利益の分配といった福利厚生も充実させた。広告を重視したワナメーカーは新聞に見開き広告を載せた初の小売業者と呼ばれる。彼は当初自分でコピーライターを行っていたが、のちに世界初の専業コピーライターとなるジョン・エモリー・パワーズを雇った。パワーズの広告によってワナメーカーの収益は400万ドルから800万ドルに上昇した。

 

◆郵政長官として
1889年にワナメーカーはB・ハリソン大統領によって米国の郵政長官に任命された。

彼は初の記念切手を発行し、また郵政公社に効率性をあげる様々な制度を導入した。
また、合衆国内で初めて地方の郵便業務の無料化を計画したが、1897年まで実行されることはなかった。

 

1890年には高級切手を発行したが、品質が高すぎたために全国のマスコミに否定的に報道された。
また、1891年に郵便集配員のユニフォームの変更を命じたが、ユニフォームの注文をボルチモアのある1社に注文するよう手配したとして、訴訟を起こされている。

 

◆名言
ワナメーカーは数々の名言を残している。
「自分の仕事を愛し、その日の仕事を完全に成し遂げて満足した、軽い気持ちで晩餐の卓に帰れる人が、世界で最も幸福な人だ。」

「広告費の半分が金の無駄使いに終わっている事はわかっている。わからないのはどっちの半分が無駄なのかだ。」

「困難なことは頭からするな、非常に成功の邪魔になる」という人がある。しかし、決してそうではない。人間というものは、困難なことに遭えば遭うほど、ますます新しい力が出てくるものだ。」

「成功の秘訣を問うな。成すべきひとつひとつに全力を尽くせ。」


『私は30年前に、
人をしかりつけるのは
愚の骨頂だと悟った。

自分のことさえ
自分で思うようにならないのだ。

神が万人に平等な能力・知能を
与えなかったことにまで、
腹を立てたる余裕はとてもない。』

『自分の仕事を愛し、
その日の仕事をやり遂げて、
満足して晩酌の卓に帰れる人が
最も幸福な人である。』

『1度に1歩ずつ登っていけば、
たとえどんなに高い山だって
踏破することができるんだ。』

『尽くすことを
正直に試みる者には、
全世界もまた彼に対して、
尽くすことを忘れないであろう。』

『広告費の半分は、
きっと無駄になる。
だけど、どっちの半分が
無駄になるかなんて
誰にもわからないんだ。』

『「困難は避けろ」
という人がいる。
成功への邪魔になるらしい。
だけどそのアドバイス
間違っている。
人間というのは、
困難に逢えば逢うほど、
新しい力が
湧き上がってくるものだ。』

スポンサーリンク  

 

 

スポンサーリンク