賢者の虹の懸け橋

楽しく学んで人生を美しく、賢く生きるための賢者のメッセージブログです。

スポンサーリンク

「十人が十人とも同じ考えをするのは最上の作ではない。」マーク・トウェイン

☆彡今日の一言

十人が十人とも同じ考えをするのは最上の作ではない。

 

めいめいが同じ意見を出していたら、競馬は成り立たない。

 

マーク・トウェイン

 

 

心(ハート)革命―毎日の生き方 EQを高めることば366

心(ハート)革命―毎日の生き方 EQを高めることば366

 

 

以上は 輪辻潔・森野リンゴ 共編 心(ハート)革命より 一部抜粋

 

マーク・トウェイン(Mark Twain, 1835年11月30日 - 1910年4月21日)、本名サミュエル・ラングホーン・クレメンズ(Samuel Langhorne Clemens)は、アメリカ合衆国の作家、小説家。ミズーリ州出身。『トム・ソーヤーの冒険』の著者として知られ、数多くの小説やエッセーを発表、世界中で講演活動を行うなど、当時最も人気のある著名人であった。

ウィリアム・フォークナーは、トウェインが「最初の真のアメリカ人作家であり、我々の全ては彼の相続人である」と記した。アーネスト・ヘミングウェイは『アフリカの緑の丘』において、「あらゆる現代アメリカ文学は、マーク・トウェインの『ハックルベリー・フィン』と呼ばれる一冊に由来する」と述べた。

職業作家
国籍 アメリカ合衆国
ジャンル フィクション、歴史小説、児童文学、ノンフィクション、紀行文学、風刺、エッセイ、文芸評論
代表作『ハックルベリー・フィンの冒険』、『トム・ソーヤーの冒険
配偶者 オリヴィア・ランドン・クレメンス
1870年 - 1904年
子供 4人
親族 ジーン・ウェブスター(孫の一人)

作品一覧
全作品の訳書は、『マーク・トウェイン コレクション』(全26冊、彩流社)。
小説]
『金ぴか時代』(チャールズ・ウォーナーとの共著), 1873年
トム・ソーヤーの冒険』"The Adventures of Tom Sawyer", 1876年
『王子と乞食』"The Prince and the Pauper", 1881年
ハックルベリー・フィンの冒険』"Adventures of Huckleberry Finn", 1885年
アーサー王宮廷のコネチカット・ヤンキー』"A Connecticut Yankee in King Arthur's Court", 1889年
『生死如何』"Is He Living or Is He Dead", 1893年
短編。山県五十雄訳で出版年と同年に「少年文庫」に掲載。
これを有島武郎が翻案し戯曲『ドモ又の死』を1922年に発表。
『ノータリン・ウィルソンの悲劇』"The tragedy of Pudd'nhead Wilson", 1894年
中篇で、野崎孝訳が中央公論社「世界の文学53 イギリス名作集 アメリカ名作集」に所収。
ジャンヌ・ダルクについての個人的回想』"Personal Recollections of Joan of Arc", 1895年
ジャンヌ・ダルクの幼馴染にして、小姓兼秘書として仲間とともにフランス軍に従軍した男ルイス・コントが、シャルル7世によるやり直し裁判において、生き証人として彼女の思い出を語る形式で、「パラディン」と皮肉をこめて呼ばれていた臆病者が、ジャンヌに感化され勇敢に戦死するエピソードなど、ユーモアを交えながら悲劇的な結末を描く。
1895年月刊誌≪ハーパーズ≫4月号に匿名で連載開始、翌1896年4月号まで掲載後匿名で出版された。作中のジャンヌのモデルは、1896年に24歳の若さで死去した長女であるとされる。訳書は「マーク・トウェインジャンヌ・ダルク」(大久保博訳、角川書店)。
『トム・ソーヤーの探偵』"Tom Sawyer, Detective", 1896年
『ハドリバーグを堕落させた男』"The Man That Corrupted Hadleyburg", 1900年
『アダムとイヴの日記』"Extracts from Adam's Diary", 1904年
不思議な少年』"The Mysterious Stranger", 1916年
エッセイ・旅行記[編集]
『ハワイ通信』 "Letters from Hawaii", 1866年 [4]
『地中海遊覧記』"The Innocents Abroad", 1869年
『西部放浪記』"Roughing It", 1872年
ミシシッピの生活』"Life on the Mississippi", 1874年
『ヨーロッパ放浪記』"A Tramp Abroad", 1878年
『アメリカの爵位権主張者』"The American Claimant", 1892年
『赤道に沿って』"Following the Equator", 1897年
『人間とは何か?』"What is Man?", 1906年
シェイクスピアは死んでいるか?』, 1906年
パイロット時代の船長がウィリアム・シェイクスピアフランシス・ベーコン説であったことに影響され、シェイクスピアストラトフォード説になった。
『リンチ合衆国』"The United States of Lyncherdom", 1923年
戯曲[編集]
『やつは死んじまった?』"Is He Dead", 1898年 辻本庸子訳にて「三田文学 No.103 2010年 秋季号」に収録。
上記の小説『生死如何』の戯曲化。

 

 

☆彡マーク・トウェインの名言集
人生に絶対確実なんてありえない。
ただ、チャンスがあるだけだ。


生涯を合衆国の大統領として
過ごすよりも、
一年間でいいから
シャーウッドの森で山賊をやりたい。


全てが間違っている
ということはありえない。
どんな壊れた時計でも
一日に2回は正しい時刻を示す。


アダムはリンゴが欲しかったから
食べたのではない。
禁じられていたから食べたのだ。


幻想をなくしてはいけない。
もしなくしてしまったら、
あなたは存在してはいても、
生きるのをやめたも同然だ。


私がこれまで思い悩んだことのうち、
98パーセントは取り越し苦労だった。


人の大望を鼻であしらう人間とは
つき合わぬことだ。
それが小人の常だから。
しかし真の大人物に会うと、
すばらしいことに、
こちらも大人物になれそうな
気持にしてくれる。


相手に気に入られる最上の方法は、
あなたが聞いたとおりに、
相手が語ったことを再び語ることだ。


四十八歳より前に
悲観主義者になる者は
物事を知りすぎであり、
四十八歳を越えてもなお
楽観主義者である者は、
物事を知らなさすぎる。


今から20年後、
あなたはやったことよりも、
やらなかったことに失望する。

スポンサーリンク  

 

スポンサーリンク